読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『けものフレンズ』が積み重ねてきたもの

f:id:tatsu2:20170331192039p:plain

固唾を呑んで放送を待っていた『けものフレンズ』最終回「ゆうえんち」。興奮のあまり、本放送後すぐ録画を観直してしまった。

黒いセルリアンに飲み込まれた「かばん」を救出するというハードな展開に絡めた「全員集合」には拳を固く握りしめてしまったし、決戦後の和やかさとコメディ(調整したはずの観覧車が落ちるブラックジョークに一笑い)に安堵した。
ラストシーンも感動的だ。海で初めて会ったフレンズに「おともだちになろうよ」と言うサーバル。素直であたたかみのある、まさに「フレンズ」の精神が詰まった台詞。何の変哲もない平易な言葉が心に響くのは、これまでの積み重ねがあってこそ。そしてそれが『けものフレンズ』のアプローチだ。
サンドスターという未知の物質をはじめ、フレンズの脅威となるセルリアンが跋扈しているなど危険もあり、謎に満ちた世界観だが、縦軸を貫いているのはかばんとサーバル、皆からボスと呼ばれるラッキービーストを加えた3人(あえて「3人」と表記したい)が旅の先々で出会うフレンズと交流し、友情を深めていくストーリー。
かばんはそこで様々な知恵を披露し、みずからのルーツを視聴者に仄めかす。同時に木を上手に登れるようになるという成長(=自立していく)も遂げる。本作の巧みな点は、それをリフレインし、伏線としてしっかり意味を持たせているところだ。たとえば、第1話でかばんが飛ばした紙飛行機。いちばん最初に登場した「ヒトの得意なこと」だったものが、最終話ではサーバルが一生懸命折ったのだろう、ちょっと不恰好ながらもかばんがやったようにセルリアンの目を引き付けるために飛ばし、誘導の決め手になった。もしかしたら、旅の途中に教えてもらっていたのかもしれないが、これは「覚えればできる」フレンズのルールに則った行動でもあるし、共に旅をしてきたサーバルだから思いつき、やれたことだ。火への本能的な恐れまでも克服した、「フレンズがヒトに近づいた証」にもなっている。

 

f:id:tatsu2:20170331192259p:plain

つまり、今まで見聞きしてきたものが集約された、かばんの木登りと対の行動だ。だからセルリアンに食べられたかばんが元に戻ったとき、何も失われていないと分かる「食べないでください!」「食べないよ!」という“お約束”のやり取りが泣けるのだ。積み重ねてきたものにちゃんと意味がある――衒いのないシンプルなアプローチ。にもかかわらず、心を強く揺さぶられてしまうのは構成や演出の設計に一本筋が通っているからだろう。

個人的には、回想やカットバックを頻用せずにドラマを盛り上げていく手つきに舌を巻いた。具体的に言おう。セルリアンからかばんのかばん(妙な表現だ)が落ちてサーバルが悲壮な表情を浮かべた瞬間、次のカットはかばんの笑顔のフラッシュバックを予感したし、紙飛行機を飛ばしたサーバルのシーンも同じだ。戦闘の合間に「紙飛行機を折っているサーバルの姿」をインサートし、カットバックする形にすれば、より定型的な演出になるなと思った。そうしなかったのは必要以上に悲劇性を煽らないようにするためだとか、たつき監督の求めるフィルムのテンポ感など様々な理由が考えられる。ただ、一から十まで余さず説明するのではなく、意識的に“抜いた”描き方をすることはたしかだ。想像の余地を残し、過剰に語らない。たぶん、「それで伝わる」と信じて演出しているのだ。視聴者が作り手を信じていたように、作り手も受け手を信頼する。そして、その相互関係を支える心性に『けものフレンズ』のテーマが映り込んでいる気がする。決して優しいだけの世界ではない。セルリアンに食べられた者だっている。しかしだからこそ、「フレンズ」という言葉が特別な響きを持って聞こえてくる。困難は群れで分け合う。アライさんの言う通りなのだ。

 

f:id:tatsu2:20170331192634p:plain