読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木上益治の雨、境界、そして空を見上げる少女の瞳に映る……

「わたし、雨の日は好き。みんなと同じ空を見上げることができるから」

これは『MUNTO』の主人公・ユメミが物語の最初に語るモノローグだ。後に『空を見上げる少女の瞳に映る世界』と改題され、TVシリーズが放送されたことからも分かるように、空を見上げることに込められた意味、そして「雨」という異世界との境界を匂わせる象徴的なモノローグだった。

f:id:tatsu2:20170216194251p:plain

小林さんちのメイドラゴン』第6話のラストシーン、土砂降りの雨を眺めてカンナがつぶやく。「わたし、雨好き」。ハッとさせられた。思えば本作も異世界と繋がった少女(ドラゴン基準で)の物語だ。ああ、つまり今回は『MUNTO』の木上益治(三好一郎名義で参加)が描く雨と境界の話だったのか、と。

第6話「お宅訪問!(してないお宅もあります)」はカンナ、トールら「小林さんち」のドラゴンとルコア、ファフニールら「よそんちでお世話になっている」ドラゴンそれぞれのコミュニケーションを主題とし、「水」を効果的な“橋渡し”として用いたエピソードだ。

f:id:tatsu2:20170216195954p:plain

たとえば、アバンタイトル。才川とカンナの帰り道。小林さんに買ってもらったのだろう赤いリボンの付いた長靴で水溜りを楽しげに踏み、遊びに行く約束をするカンナ。本編、トールたちに仲介を頼むも、なかなか縮まらない翔太との距離をお風呂で(直接的に)深めようとするルコア。人間を嫌っているのに、雨の中、滝谷と一緒に出掛けるファフニール。どこでも水が媒介となっている。これはじつに「MUNTO的」で「木上チック」だと思った。メタファーも散りばめられ、中でも何度か描写される小林さんちのベランダの手すりにできた水溜りは秀逸。幅広の手すりは分厚い人間とドラゴンの境界を示しているのだろう。そこに少しずつ雨水が滴り、広がった水溜り。ここにも橋が架かっている、と解釈しても面白い。

またいつも以上に粘っこい動きも目を引き、ポージングやカメラワークの設計にもらしさがあった。とくに小林さんがてるてる坊主を吊るすカットは凝っている。まず川、道路という「境界的なもの」を映し、カットを割らず横へPAN。手すりの水溜りを挟み、小林さんちのベランダへカメラを固定。さらに小林さんが立ち上がる芝居に合わせて付けPAN、窓際でてるてる坊主を吊るすまでワンカットという濃い内容だ。

f:id:tatsu2:20170216195107p:plain

長い横PANはカメラを振る距離の分だけ「ふつうの世界」と「小林さんち」を隔てる意味があり、付けPANには窓ガラスを人間とドラゴンのフレームとする狙いがあるのだろう。「ソファを越える」という縦の動きも効いている。しかもこの幕間劇は「空を見上げる少女の瞳に映るてるてる坊主」で締め括られるのだから、たまらない。まさしく木上益治のモチーフだ。

もっとも、本作にかぎらず、京都アニメーション作品では雨に関連するモチーフをよく見かける。

f:id:tatsu2:20170216200929p:plain

近作に絞ってみても『響け!ユーフォニアム』OPがそうだし、『無彩限のファントム・ワールド』6話など、水溜りから異世界へ飛び込むシーンがあったほど。その視点で見れば、今回の『小林さんちのメイドラゴン』は本家本元によるセルフオマージュと言ってもいいのかもしれない。勿論、そういった意図が作り手にあったのかどうかは知る由もないが、マスター木上によるマスターな仕上がりのフィルムであり、山田さんの「全力で後輩を潰そうとしてるのかと思いました」という言葉(byアニメスタイル007)がふたたび脳裏をよぎるくらい、パワフルな仕事だったことは間違いない。そんな木上益治に「雨とその空を見上げる少女」をいつかまた、描いて欲しい。