読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『魔法つかいプリキュア!』大学生編の叙情性

プリキュアにおける、ひとつの記念碑を見た思いだ。

魔法つかいプリキュア!』49話「さよなら…魔法つかい!奇跡の魔法よ、もう一度!」は大傑作だった。デウスマストとの壮大なスケールの戦いに決着をつけるクライマックスに相応しく、全編見ごたえたっぷり。大胆なカメラワークと豪快なアクションで畳みかけるAパートもすばらしいが、抜きん出ているのはやはり、「大学生になったプリキュア」を初めて正面から描いた後半Bパートだろう。

ここで描かれているのは、言わば「ふつう」に戻ったみらいの健やかな日常だ。

f:id:tatsu2:20170124185906p:plain

朝、元気よく家を飛び出し、満員電車に揺られ大学に通う。カタツムリの列車に乗ったり、悠々と「箒」で空を飛んだりすることはない現実的な通学風景だ。大学では真剣に勉学に打ち込み、中学時代からの友人にも自慢されるほどの優等生になっている。そして家に帰るとすぐに家事を手伝う、家族思いで家庭的な娘に早変わり。女子大生・朝比奈みらいはまっすぐ成長し、溌剌とした健康的な毎日を過ごしているように思える。けれど、その健やかさにカメラは寄っていかない。ロングショットを主体とし、前を向いて歩き続けるみらいの足もとを繰り返し捉える。

f:id:tatsu2:20170124190854p:plain

このロングショットに潜んでいるのは、一抹の寂しさだ。喋らなくなってしまったモフルン、リコやことは(はーちゃん)の居ない日常を受け入れているように見えても、本当はどう思っているのか。距離をおいたカメラと憂いを帯びた表情によって、心の内が静かに語られていく。

足もとのショットも示唆的だ。前を見て、「未来」に向かって歩く。周りの友人たちもそうだ。けれど、同じ歩幅で歩いていても、少しずつ歩調がちがってきている。同じ道から枝分かれしていくそれぞれの未来。そんな風にも見えてくる。

f:id:tatsu2:20170124190259p:plain

だから十六夜の月の下、あのリコと出会った公園の道を歩くみらいの姿は、まるでリコと自分の未来がまだ重なっているかどうか、たしかめるようでもあった。感動的なのは、その「未来」が再び重なり合う象徴として、足もとのショットが繰り返しインサートされていたと明瞭に演出されていることだ。大樹を前に木の棒をかざし、「キュアップ・ラパパ」と唱えても何も起こらない現実を前に一度は打ちひしがれ、「ふつう」の道を歩き出そうとしたみらいが振り返り、小さな奇跡を信じて走り出す大きな一歩。絵コンテのみの参加ではあるが、大塚隆史演出のきらめきを改めて知った思いだった。

f:id:tatsu2:20170124191427p:plain

作画やキャストの演技も負けていない。大塚隆史と数々の名場面を作り上げてきた川村敏江を始め、プリキュアの歴史を感じさせる原画陣、キャストでは何といってもみらい役の高橋李依だ。泣きの芝居の最後、「リコに、みんなに……会いたい」というかすれ声の繊細さは、役者の深い思い入れを感じてしまった。台詞回しも憎い。みんなに会いたい、と続けさせて、最後の最後にリコに、と言わせる。リフレインの叙情性が極まった瞬間だ。

個人的に嬉しかったのは、ぴえろ魔法少女シリーズの第3作『魔法のスター マジカルエミ』を彷彿とさせる心情描写が見られたこと。日常からこぼれるわずかな寂しさや切なさを台詞に、情景に、叙情に滲ませる。そして表出する恋しさ、感傷……「魔法を手放した少女のその後」を描いた一編(『蝉時雨』を思い出したファンも多かったのでは)としてもたまらない感慨があったし、そこに漲る緊張感は同種のものだった。もっとも『魔法つかいプリキュア!』は手を放したまま終わらない。もう一度、ぎゅっと手を繋げるアニメだ。「プリキュア」のシンボリックなモチーフであり、本作においては「魔法」を仲介する意味もあるみらいとリコの結ばれた手へと、“飛んで”帰着する構成の美しさ。もしかしたら、シリーズの重要な節目になるのかもしれない。そんな予感さえ漂う、ファンタスティックなエピソードだった。

f:id:tatsu2:20170124193221p:plain

 

 

『小林さんちのメイドラゴン』の尻尾とフレーミング

ヘンな言い方だけれど、パンフォーカスに落ち着きを感じてしまった。

近年の京都アニメーションはフォーカスワークに力を入れ、レンズ効果を用いて被写界深度を巧みにコントロールし、作品の視点(青春の視野/視界)を交差させてきた。だからだろうか、『響け!ユーフォニアム』も『聲の形』もたいへんな傑作にちがいないが、視聴に“体力”の要る作品だった。「絞り」がキレすぎていた、とさえ思える。

小林さんちのメイドラゴン』は久々のコメディだ。細かく見るなら『無彩限のファントム・ワールド』もコミカルな要素が多分にあったし、微笑ましさで包まれた『たまこまーけっと』だって忘れてはいけない。しかし、いずれもその世界を映すレンズはリアル寄りで、何もかも見せてしまう作りにはしていなかった。きっちりと「焦点」をコントロールしていた、と言ってもいい(それがドラマの立体感へと繋がる)。クール教信者原作の『小林さんちのメイドラゴン』はタイトル通り、ドラゴンがメイドに扮して生活するファンタジックなコメディ、日常を楽しむ作品だ。早々にドラゴンであることをさらっと明かしてしまう。「奥まで」見せてくれる。翻って「隠すところのない京都アニメーション」という一点において安心してしまった(アニメはパンフォーカスが主体なので、ぐるっと一周回った感じ方かもしれない)と、そういうわけだ。

f:id:tatsu2:20170113190629p:plain

フレーミングにもその姿勢は表れている。あのちょっと生々しくて可愛い尻尾に注目。意識的に入れているのだろう、フレームの中で妙な存在感を放つトールの尻尾。効果的な使い方だ、と思ったのは唐突なメイドラゴンの登場に驚き、メイドは雇えないとすまなそうに小林さんが話した後、トールが去っていくカットだ。

f:id:tatsu2:20170113190719p:plain

椅子から立ち上がったトールは力なく左の方へ歩き出し、尻尾の先が跳ねるようにフレーム内に入り込む。そして小林さんの後ろを通る形で玄関へと向かう。ちょこんと跳ね上がった尻尾は「後ろ髪を引かれる」比喩的な表現なのだろう。尻尾のおさまりからみて、左側へ行きやすかったと考えてもいいが、すこしでも小林さんちにいたいから、直接玄関に行かず、わざわざ小林さんの後ろを通ったと汲みたい。その名残惜しさを絶妙のフレーミングで切り取っている。最初から尻尾が見えるくらい引いていたり、不自然に尻尾を匂わせる位置ではいけない。椅子に座り、申し訳ないと心底思っている小林さんに合わせたアイレベル、水平なカメラ、生活感を醸し出すティッシュやインスタント珈琲のビンが乗ったテーブルの手前に、緑色をしたドラゴンの尻尾が不意に現出するから、小林さんちへの未練だ、と感受できる。 

f:id:tatsu2:20170113190751p:plain

去り行くトールを引き止める場面も見どころのひとつだ。玄関のドアを開き、今まさにいなくなってしまう間際でトールの手を掴む小林さんのカットは、マンションの壁越しにカメラを置いたもの。壁を取り払って撮っている、と仮定されたカットなのだけど、その「壁を取っ払った」こと自体がメタファーになっている。小林さんとトールの間にあった壁がなくなり、ドアも開かれたまま。さらに、空高く飛んで行ってしまうのだから、見ようによっては意味深長、そこも含めてフレーミングのテクニックか、と思わされた。

本作の監督は武本康弘。長らくTVシリーズは賀東招二と組んでいたが、丁寧な縫い目で原作のエピソードを繋ぎ合わせたシリーズ構成・山田由香との相性も良さそうだ。初回の演出(OP演出も兼任)を新鋭の藤田春香が担当しているのは、活発な新陳代謝の象徴だろうか。スタッフィングのフレームも、定めてみつめたい。

 

 

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

年末の恒例企画、今年放送されたTVアニメの中からエピソード単位で10本選ぶ、通称「話数単位10選」。

以下、コメント付きでリストアップ。基本的に放送日順(最速放送日)で並べている。

 

■『この素晴らしい世界に祝福を!』 第9話「この素晴らしい店に祝福を!」 (3月9日放送)

f:id:tatsu2:20161223060002p:plain

脚本/朱白あおい 絵コンテ/亜嵐墨石 演出/久保太郎 作画監督/中澤勇一、木下ゆうき、清水勝祐

底抜けにエロス。つつぬけに本能的。立体感のあるレイアウトに特徴的な乳房、濃縮された菊田幸一の画づくりを堪能できるシリーズ屈指の問題(?)作。能天気な本作らしい勘違いの展開もおもしろい。機織り職人がテーブルの脇をすり抜けるカットはアニメスタイルでも激賞、思わずそこか! と膝を叩いたワンカットだ。


■『甲鉄城のカバネリ』 第2話「明けぬ夜」 (4月14日放送)

f:id:tatsu2:20161223054339p:plain

脚本/大河内一楼 絵コンテ/大原実、荒木哲郎 演出/田中洋之 作画監督/千葉崇明、荒尾英幸、胡拓磨、丸藤広貴

可憐な少女がスチームパンクな銃器を手に、屍の群れをバッタバッタとなぎ倒す。空間を自在に操るお馴染みのWITアクションが炸裂し、メイクアップアニメーターという本作独自のアーティストが血と錆の世界に彩りを添える。無名は2016年を代表するヒロインであり、アクション・スターだった。その片鱗を最初に見せつけたこのエピソードは、やはり推したい。

 

■『ふらいんぐうぃっち』 第5話「使い魔の活用法」 (5月7日放送)

f:id:tatsu2:20161223053723p:plain

脚本/赤尾でこ 絵コンテ・演出/佐山聖子 作画監督/矢向宏志、浅川翔、上田みねこ、佐野はるか

好奇心の塊である千夏が使い魔の猫・チトに付いていく。見慣れた街並みであっても、視点をかえれば発見がある。冒険になる。A/Bパートの反復性、子どもと猫に合わせた低いカメラ、ほんのり香る足の色気、チトの作画。各話コンテ・演出で今年大活躍の佐山聖子の手腕が光る。猫好き必見!

 

■『とんかつDJアゲ太郎』第5話「豚々拍子で初DJ…!?」 (5月8日放送)

f:id:tatsu2:20161223062541p:plain

絵コンテ/大地丙太郎 演出/中田誠 作画監督/KIM EUM HA

記念すべきアゲ太郎の初DJ回。音が止まるトラブルを乗り越え、油裂音と雨音のコラボレーションをあみ出す。自然に体が動いてしまう爽快なグルーヴ、原作準拠の「漫画絵」とはめ込みの実写映像が織り成す、次元を越えた空間が不思議とマッチ。大地マジックにChill Out……

 

■『アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd』 第12話「素晴らしき日常」 (9月25日放送)

f:id:tatsu2:20161223053305p:plain

脚本/荒川稔久 絵コンテ/谷口悟朗 演出/本間修 作画監督/青木真理子、鎌田均、山崎展義、久松沙紀、山根まさひろ、松岡英明、滝川和男、渡辺浩二、甲田正行

画面分割の同時装着、当然のように流れ出す主題歌に合わせた協力プレイ、「こんなこともあろうかと」な秘密兵器、生死不明の主人公……アニメファンの望む王道的とも言える「最終回」を谷口悟朗が再構築。30秒で覆されるシリアスや瀬名のオチも傑作。何らかの形で続編を観たい作品だ。

   

 ■『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』 第4話「月の輪」 (10月28日放送)

f:id:tatsu2:20161223052508p:plain

脚本/岸本卓 絵コンテ・演出/佐藤雅子 作画監督/鈴木明日香、米川麻衣、折井一雅

ハイキュー!!』の画面が止まった。年間通してベスト級であろう、あの躍動的な『ハイキュー!!』がたったひとりに止められた。その名は月島蛍。鋭い眼光を放ちながら、粘り強く待っていた一度きりの好機。牛島をブロックした瞬間、止まる時間、そして溢れだす圧倒的なカタルシスと咆哮。仕掛け人は昨年も月島回を担当した佐藤雅子。ジブリを離れ、TVアニメの舞台で輝きを放つその姿は、どこか月島とかさなった。

 

■『響け!ユーフォニアム2』 第7話「えきびるコンサート」 (11月16日放送)

f:id:tatsu2:20161223045938p:plain

脚本/花田十輝 絵コンテ・演出/藤田春香 作画監督/岡村公平、西屋太志

前作に引き続き、衰え知らずの高いアベレージ。とくに石立演出が炸裂した9話がとてつもない出来で、どちらを選ぶか非常に悩ましく最後まで迷ったが、「宝島」のバリサクソロに最も興奮したことを踏まえて、この話数を。佐々木梓という「もうひとりの主人公」の登場もポイントだ。『無彩限のファントム・ワールド』といい、成長著しい若手のホープ・藤田春香を来年も見逃せない。

 

■『Vivid Strike!』 第8話「勝者と敗者」 (11月19日放送)

f:id:tatsu2:20161223051841p:plain

脚本/都築真紀 絵コンテ/飯野まこと 演出/吉田俊司 作画監督/宮地聡子、大塚あきら、大西秀明、中西和也、服部憲知、坂田理、飯塚葉子、保村成、河本美代子、石井ゆりこ、土屋祐太、飯野まこと

どちらが勝つかわからない。本当にそう思わされた名勝負だった。『あしたのジョー』や『はじめの一歩』で見られた激しいアクションの構図を盛んに取り入れ、それでいて現代の魔法少女の流儀、「なのは」にしてしまう豪腕ぶり。8話は中盤のピークとなった話数。4,11話も素晴らしいが、僅差でこちらを選択。

 

■『舟を編む』 第7話「信頼」 (11月24日放送)

f:id:tatsu2:20161223051402p:plain

脚本/木戸雄一郎 絵コンテ/黒柳トシマサ 演出/光田史亮 作画監督/松下郁子、郷津春奈、神谷友美、中谷亜沙美

馬締と西岡、麗美と西岡、それぞれの信頼を描いた好篇。辞書編集部から異動が決まり、時間のない中、最後まで馬締を支えようと奮闘する西岡。そんな西岡をあたたかく抱き止める麗美。原作を丁寧に読み込み、加えられた新たな「語釈」が快い。三好麗美役・斎藤千和の演技も印象的。こなれた関係を伺わせる、軽さと優しさを残した絶妙の演技プラン。主役に負けない存在感を放っていた。

 

■『夏目友人帳 伍』 第10話「塔子と滋」 (12月13日放送)

f:id:tatsu2:20161223050818p:plain

脚本/村井さだゆき 絵コンテ/篠原俊哉 演出/鈴木孝聡 作画監督/島崎知美、西川絵奈、青野厚司

藤原夫妻の何でもない日常に多幸感とわずかな不安を感受する、心に染み入る一篇。夏目が来たことで変わった生活の景色と変わらない夫婦のあり方。塔子の心情に寄り添ったモンタージュがしっとりと泣かせる。夏目を引き取るくだりの塔子が涙をこぼすカットやもう一羽のカラスなど「見えないもの」を巧みに演出。『凪のあすから』を彷彿とさせる、篠原俊哉の味だ。

 

他、候補に挙げていたエピソードも参考までに。今年は付箋を貼っていたエピソードが非常に多く、とりわけ秋アニメの充実は目を見張るものがあった(選べなかったが、『ユーリ!!! on ICE』は衝撃的)。来年もよきTVアニメに出会えますように……

 

■『Go!プリンセスプリキュア』第48話

■『昭和元禄落語心中』第1話

■『無彩限のファントム・ワールド』第3話

■『魔法つかいプリキュア!』第9話

■『ジョーカー・ゲーム』第5話

■『あまんちゅ!』第2話

■『田中くんはいつもけだるげ』第5話

■『キズナイーバー』第7話

■『ラブライブ!サンシャイン!!』第4話

■『Re:ゼロから始める異世界生活』第18話

■『ReLIFE』第5話

■『NARUTO 疾風伝』第697話

■『終末のイゼッタ』第3話

■『バーナード嬢曰く。』第9話

 

アニメスタイル010 (メディアパルムック)

アニメスタイル010 (メディアパルムック)